だいの仙台ダイアリー

だいの仙台ダイアリー

とある学生の日常譚

地方で働いているだけで損をするそうですよ


大学生になると自由な時間が増えたり、行動範囲がものすごく広がったりすろので、自分の好きなことが思う存分にできます
しかし、その反面、なにかするにはたいていの場合少なくないお金がかかるため、まずはその分のお金をゲットしなければなりません

学生のみなさんはきっとアルバイトをしてお金を稼いでる人が多いはず
かくいうぼくも週に3回労働にいそしんでいます

 

ですがせっかくやりたくもない仕事するならたくさんお金をもらえるほうがいいに決まっています。それなので、バイトを探すときは時給の高いものを自然と選んでしまいます

もちろん、仕事の内容やアクセスの良さなどもあると思いますが、やっぱり時給の高さはなんだかんだ1番大事

今でもたまにスマホバイトの求人をぼけーっとながめているのですが、以前から気になっていたことがあります

 

仙台バイトの時給安くね!?

 

現在は仙台なうのぼくですが、出身は「ダサい」の語源になったとも言われている埼玉県です

埼玉のバイトの時給を調べてみるとその金額の違いにびっくり
「ダサくてもいいからバイトは埼玉でやりたい・・・」
なんて思ったり思わなかったり

 

ですがなぜここまで差が生まれてしまったのか・・・

 

スポンサーリンク
 

最低賃金の差はいかに

 

f:id:daikig:20160606013856p:plain

引用:連合|最低賃金(分類別インデックス)

 

日本では最低賃金という雇用者に支払わなければいけない最低限の金額が決められています

上にあるのは2015年の各都道府県の最低賃金を表す図

 

この図を見てみると仙台のある宮城県と埼玉県の最低賃金は・・・

宮城県:726円
埼玉県:820円

 

う~ん、やっぱりおよそ100円の差がありましたね

 

最低賃金は全国一律でいいのでは?

f:id:daikig:20160606024128p:plain

 

はっきり言って不平等感が否めません 笑

 

仙台でバイトを探していると飲食店などでは800~850円が平均的な時給
ですが、埼玉でのバイトの求人では時給900円のものがごろごろあります

1時間働いて1000円も夢ではありません

 

仙台の飲食店なんかで時給が1000円近いバイトなんてまずはブラックなんじゃないかって疑ってしまいます
もちろんそうではないお店も多いと思いますが、まわりの友人の話を聞いている限り、あながち間違ってはいないんじゃないかな・・・

 

それに物価が違うんじゃないかとも考えましたが、埼玉に住んでいるころ比べて仙台で売ってるものは安い!!と感じたことは今のところありません

 

だったらやはり埼玉で働く人の1時間と宮城で働く人の1時間に約100円価値のちがいがあるとは思えません

 

ですが東北地方においては宮城県はまだましな方ですね
もう東京なんかと比べちゃうとなんだか切なくなります

 

いっそのこと全国で最低賃金は同じにしてしまって、そこからいくら上げるのかはお店の裁量にまかちゃってもいいじゃないでしょうかね

 

最低賃金の差は地方の過疎化を加速する

 

f:id:daikig:20160606024357p:plain

 

最低賃金が700円を切る地域の人からみれば東京に行って働くだけで200円も多くお金がもらえます

そんなんだったら東京で働くほうがいいにですよね 笑

 

こうしてどんどん賃金の高いところに人が集まって、賃金が低い地域ではどんどん人が減っていってしまうという悪循環・・・

 

実際にはこんなに単純な問題ではないですが、都会に住む人と地方に住む人、住んでいる場所のちがいだけでこんなにも差があるのは納得がいきませんよね

 

ぜひぼくのような貧乏な地方の大学生が、少しでもお金持ちになれるようにしてください、お願いします

 

えらい人がこの記事をみてくれることを信じて、今日もバイトがんばろうと思います

 

以上、最近なんだか浪費がとまらない、だいがお送りしました

 

 

それではダスビダーニヤ