だいの仙台ダイアリー

だいの仙台ダイアリー

とある学生の日常譚

【大学生必見】知らなきゃ損!?大学生協の保険が手厚すぎる件

f:id:daikig:20160506113749j:plain

スポンサーリンク
 

こんにちは、だい(@sendai_diary)です

 

突然ですが、大学生のみなさんは大学生協の保険を利用したことがあるでしょうか

利用したことがなくても入学時に半強制的にいれさせられていると思います 笑

 

まあできれば事故や病気にならずに利用しないというのが一番いいですが、大学生活は4年もあるので一回くらい保険を使うようなときがきてもおかしくないはず

特にサークルや部活で運動を普段からしている人はなおさらケガとかしやすいですよね

 

今回はぼくがその大学生協の保険を利用してみて思いのほか保障が手厚かったので紹介をします

 

学生総合共済って?

学生総合共済は、「みんなが健康に安全に大学生活をおくることができるように。万が一の時に経済的にも精神的にも支援ができるように。そしてなによりも、共済金の支払を受けた人も受けなかった人も、生協の共済を通じて“たすけあいのこころ"を実感して社会に巣立って欲しい。他人の気持ちを思いやれる人間になってほしい。」このような想いから1981年にスタートし、現在、たすけあいの輪は209大学・68.3万人以上まで広がっています。
学生総合共済は、全国大学生協共済生活協同組合連合会(略称・大学生協共済連)が、厚生労働大臣の認可のもとに、学生総合共済の元受団体として実施しています。全国の大学生協は、大学生協共済連と業務委託契約を結び受託事業として、共済事業を行っています。

引用:学生総合共済のご紹介|大学生協の学生総合共済

 

 まあこれは特別に変わったものではないですね

 

このなかでも生命共済と火災共済に分かれています

ぼくは今回はじめの生命共済というのを利用しました

多くの人は入学したときに加入を済ませているはずです

 

 

どれくらい保障してくれるの?

その前にぼくがどうして保険を利用するようなケガをしてしまったのか話させてください。大丈夫です、そんなに長くなりませんから

 

ぼくは週に2~3回ダイエットとストレス発散を兼ねて30分くらいランニングをしています

しかし、最近は歳をとっておじさんになってしまったせいか走っていて腰が痛くなってしまうようになってしまいました

「歳には勝てないぜ・・・」

そうして近所の整骨院に通院するようになりました

 

実際にはあんまりたいしたことありません

日常生活も普通におくれます

 

ここで本題の保険のはなし

保険のことは実は友人から聞いたのですが、けがなどで5回以上通院すればなかなかの金額がもらえるということ

しめしめと思いながら話を聞きに行ってみました

 

そして保障によるお金はなんと・・・

 

日額2000円!!

 

え、これめっちゃすごくなですか・・・

 

だいたいの整骨院の一回の通院の相場って初診を除けば1000円を切るのがほとんど

ぼくもだいたい毎回800円~900円くらいの診察料でした

 

そう考えるとケガを治しに行っているのに1000円以上のお金がもらえてしまう・・

 

もう利用しない手はないですね

 

ですがさすがに無限に保障をしてくれるわけではなく通院を始めて最大で90日間までの保障のようです

 

それにしてももし90日間通院したとしたら・・・

90×1000円=・・・

 

なんかいけないことしてるみたいですね 笑

 

やっぱり健康1番

やはり体は大事な資本

健康であるのが1番ですよね

 

ですが万が一の時にこういった保険が使えるということ知っておけば、金銭的な負担も少なくなり、気持ち的にも楽になるんじゃないでしょうか

 

せっかくなのでもしものときには使えるものはしっかり使いましょう

 

それではダスビダーニヤ